エフイニシャルズ ウイルスファイター™️
超強力バインダー技術

ガラス、ポリカーボネイト、ステンレス、樹脂などの基材表面には実は目に見えない微細な凸凹があります。
この凸凹に着目し、10nm未満の超微細な様々な複数の粒子をコントロールすることにより、この隙間にうまく入り込み、密着します。

また、1桁台のナノサイズのプラチナ(熱触媒)や酸化タングステン(光触媒)、酸化スズ(帯電防止材料)などを使用することで、基材を保護するシリカ層の表面に移動し、非常に効率よく機能を付加することに成功しました。

バインダーにはシリカ系無機酸化物の凝集力(分子間力)を利用し、凝集力を適切にコントロールすることにより、常温で透明・強接着の薄膜を形成します。

⑴ 基材への密着性が高い
⑵ 機能性素材への密着性が高い
⑶ 機能材料の特性への最小の干渉
⑷ 持続効果

エフイニシャルズ ウイルスファイター™️
分解メカニズム

① コーティング剤表面に菌やウイルスが接触。
② 表面に発生するOHラジカル反応で細胞壁を破壊し、水素を奪う。
③ 細胞膜を破壊された菌は維持できず死滅。
④ 物理的な破壊の為、薬剤耐菌性を作らず様々なウイルスや菌に作用。

エフイニシャルズ ウイルスファイター™️
今までの技術との比較

  弊社技術 今までの技術
基本素材 シリカ 様々
大きさ <9nm >10nm
温度 常温 主に高温
気圧 常圧 主に高圧
ベース 水素 主に溶剤系
分散剤 ほぼ有
整列 基材面にシリカ層
表面に機能材層
ランダム
温度(分散剤なし) 高温度 低音度
応用 無限大 限定的